★ひまわりのBlogへようこそ★ 私の好きなもの・ことをつらつらと…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は久しぶりに芝居を観てきました。
ここ数カ月韓国漬けだったし、ミュージカルは行ってたものの、
がっつりなお芝居は久しぶりで
お友達が当日券のキャンセルを取ってくれてなかったら観れてなかったので、
感謝、感謝

観てきたのはこれです↓

三谷

中井貴一&戸田恵子の二人芝居。
脚本は三谷幸喜。

内容はというと、30年間共に暮らしてきた夫婦の物語で、
舞台はすべてベッドルーム
ここで時系列が交差しながら、現在の話と過去の話が展開されるというもの。
このベッドがとても効果的に使われていて、夫婦の心の距離によって
近づいたり離れたりするんです。
新婚当時はベッドはくっついているし、30年経った今は部屋の端と端に置かれるの。

本もさることながら、やはりこの二人のベテラン俳優の力はすごいな、と。
作曲家なんだけど、なかなかうまくいかない夫役を、
そんな夫を支えるためにいろんな職業についてみる妻役を
緩急つけてホントに見事に演じていましたよ

子供を作るか作らないかの二人の意見が食い違うところなんかは、
結婚していない私から見ても、かなり胸が苦しくなる展開でした。

一緒に行った友達はすでに結婚しているので、
お互いに「結婚してるかしてないかで、この芝居のとらえ方は違うだろうね~」
なんて話してました。

かなり深い芝居だったな。。。

で、今回すごく思ったのは、やっぱり三谷さんは舞台向きだってこと
ドラマとか映画とか、あたしもほぼ全部見たけど、
こういう限られた時間と空間の中で彼の本や演出は生きてくるなぁ~と思いました。
正直、『マジックアワー』は面白くなかったと思うしね。
いろんな俳優さんを出して、そればっかりに注目が集まって。
はっきりいって、あの映画で彼が何を伝えたいのかがイマイチわからなかった。

それを思うと、今回みたいなシンプルなもののほうがいいのかも知れませんな

12.28(日)まで、渋谷PARCO劇場にて
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himawariyukako.blog75.fc2.com/tb.php/691-420144b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。