★ひまわりのBlogへようこそ★ 私の好きなもの・ことをつらつらと…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『華麗なる休暇』(原題)観てきました。







日本ではこの題=光州事件に結びつかないということで

『光州5・18』という邦題になったようですね。







去年7月に韓国で公開になって、歴代興行収入トップ10に入った作品だそうです。

全然知らなかった・・・。



有楽町のシネカノンで観たんですが、

年齢層が非常に高いことに驚きました!

おそらくあたくしが最年少ではないかと・・・ってくらい。

70代と思しきおじいちゃま集団とか、50代のおばさま2人連れとか。

そして何よりも、会場が前3列を除いてほぼ埋まっていたこと!!



実際、先週公開になってからすぐに、ネットニュースに

こんな記事が上がりました。



『光州5・18』興収1億へ明るい“光”(Variety Japan)



イ・ジュンギが出てるから、もうちょっと若い人もいるかと思ったんだけど



********************



光州事件と言われても、ひまわりにはまったくピンときません。

なんせまだ物心つく前だったし、

まさかその頃は自分がこうやって韓国にどっぷりつかるとは

考えてもみてなかったことですからね。



なんとなく、ネットで光州事件を調べてみたりはしたものの、

はっきりとどんなものかもわからずに行ってしまいました。



前半から始まる罪のない市民への容赦ない攻撃。

そのひとつ一つがホントにリアルで、目を覆いたくなることもしばしば。

実際声を上げているお客さんもいましたし。



こういうところが、韓国映画だなって思います。



そして、後半の軍と市民の銃撃戦もそう。

何の訓練も受けていない市民が、軍に立ち向かうべく銃を持ち、

充分な装備もないまま、自分たちの街を守るために戦うのです。



こういうところも、韓国映画だなって思います。



だって、日本で「さぁ、じゃぁ今から銃を持って戦ってもらいます」といわれて

実際に銃を扱える人がいると思います??

やっぱり徴兵という制度があって、そこで訓練を積んでいる人たちだからこそ

できることなんだろうと思います。



もし自分の街を攻撃されて、日本人は何かできるのかな?



終始緊張しながら観ていたせいか、終わってからかなりの疲労感でしたが、

またひとつ、韓国の歴史的な事件を知ることのできた

よい機会になったと思います。



**************************



さて。

ここでキャストの紹介を



主演はキム・サンギョン

初見ですが、今韓国で放送中の『大王世宗』で主役を演じてるそうです。

そういえば先生が「このドラマは歴史を学ぶのにいいから見なさい」って

言ってたような気がしますけどね・・・

しがないタクシー運転手の役なのですが、最後は愛する人のために

銃を構え、軍と戦うという青年を演じました。

なんとなく、ソン・イルグク的な印象。



その弟がイ・ジュンギ

さわやかな高校生を演じています。

そういえば彼のデビュー作って『ホテル ビーナス』だそうで。

今日知りましたよ

あたし観に行ったしね(笑)

友人を殺されて、自ら立ち上がって軍と戦う少年の役です。

やっぱり彼は目力がすごいですね~。



そして、この兄弟とかかわってくる看護婦役を

‘韓国のともさかりえ’こと(?)イ・ヨウォン

今年1月から放送されていた『モッテンサラン』で

クォン・サンウの相手役をやった女優さんです。

看護婦でありながら、愛する人を助けるために

銃で人を殺めてしまうというシーンがありました。

そこの演技が本当にリアルで、衝撃的でした。



その彼女の父がアン・ソンギ

いや~、アン・ソンギの演技観るの、これが始めてでした。

名前はもちろん知っているし、どんな作品に出てるかも知ってるけど、

観たことなかったみたいです

この方、本当に、本当にステキですよ

渋いというか、味があるというか、すべてが、ホントにリアルなんです。

きっと、本当にこういう人がこの事件に関わっていて、

そういう結末を迎えたんだろうな、と

観ている者を納得させる演技をする方なんですね。

ちょっと怖いけど、『シルミド』も観てみようかな?



というわけで、非常に長くなりましたが、今日はこの辺で。



最近、楽しい韓国映画を観てないなぁ~。。。

次は何か弾けた映画を選んでみたいと思います
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himawariyukako.blog75.fc2.com/tb.php/508-85ff14f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。