★ひまわりのBlogへようこそ★ 私の好きなもの・ことをつらつらと…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は、中国・四川省での大地震で持ちきりでしたね。。。

被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。



というのも、冬学期に同じクラスだった友達の実家も四川省なんです。

心配だけど、ここで連絡して、ご家族に万が一のことがあって、

彼女を傷つけてしまったら・・・と思って、

ただただ、ニュースを見ることしか出来ませんが。



そのニュースの中で度々聞こえてきた『在留届』という言葉。

あたしも留学してすぐのガイダンスで、

先生から「在留届を出しておきなさい」といわれました。

でも、あたしの場合、当初は3ヶ月の予定だったし、

観光ビザで入国したもんだから、

関係ないや~なんてのん気に聞いてたんですけども。



でも、今回のことで、やっぱり手続きって大事だな、と思いました。



********************



在留届とは・・・(以下外務省HPより抜粋)



旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられております。住所等が決まりましたら、必要事項を記入の上、速やかにお近くの在外公館へ提出して下さい。



在留届の提出を怠るとどうなるか・・・



「在留届」が提出されていないと、在外公館はあなたが外国に居住していることを知り得ません。

 例えば、大災害のときや事件、事故のとき、あなたの安否確認、留守宅などへの連絡を行うことができません。

 また、「在留届」提出後、転居や家族の移動など「在留届」の記載事項に変更があったときや帰国するときには、必ず提出した在外公館にご連絡下さい。

 例えば、住所等の変更届がありませんと、いざという時の連絡などが受けられないことになります。また、帰国の連絡がないままですと、緊急事態にあたり、在外公館は、既に帰国しているあなたの安否確認に時間をとられ、実際に滞在している他の皆さんの安否確認作業がそれだけ遅れることにもなりかねません。




********************



あたしの場合は観光ビザ、おまけに住民票すら韓国に移さなかったので、

もし何かあったらあたしは一体どこにいる人なの?ってことになっていたんですね。



韓国では地震の心配はないけれど、

北朝鮮との冷戦状態は今もなお続いているのです。

冷戦=休戦ではありません。

今も戦争中なんですよね。

いつ北朝鮮からの攻撃を受けてもおかしくない状態なのです。



3ヶ月以上滞在なんて言ってないで、

1週間とかでもこういう手続きはあったほうがいいのかな?

なんて思ったりしました。。。



そんなわけで、今日はちょっとマジメなお話でした。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himawariyukako.blog75.fc2.com/tb.php/506-d70c65c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。