★ひまわりのBlogへようこそ★ 私の好きなもの・ことをつらつらと…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うまいこと考えたね、邦題

といいたくなるような、そんな映画でした



なんせ原題は『淫乱書生』ですから~





ちょっとブログのタイトルにするには・・・と思いまして、

邦題にしてみました(笑)



2006年2月に公開になったこの映画。

もちろん、ひまわり知っていましたよ、公開になったことは。

でも、タイトルからしてなんじゃこりゃ?的な感じだったので、

特に気にも留めてなかったんです。



で、主演はザ・韓国顔のハン・ソッキュ

王妃役は、あの『ニューハート』でチソンの相手役だったキム・ミンジョン嬢

そして、ハン・ソッキュの相方(?)には、

『オー!マイDJ』でイ・ウンジュと共演したイ・ボムス



物語はというと、ちょうど李朝時代のお話。

貴族の間で有名だった小説家(ハン・ソッキュ)が、

とあるきっかけで、いかがわしい小説を書くようになるのです。

そのきっかけというのが、ミンジョン嬢扮する王妃の好意。

小説をもっと人気が出るものにしたいと思った小説家は、

ふとしたことで知り合った議禁府の役人(イ・ボムス扮)に

挿絵を頼むことにする。



この小説が人気が出て、王妃の周りによからぬ噂が立ち始める。

そしてこの二人は王妃の逆鱗に触れ・・・



というような感じ。

ホント、簡単すぎるけどね。



韓国では18禁、日本でもR-15だから、ものすごくエロなのかと思ってたんだけど

思いのほかそうでもなく(笑)

そういう描写ばかりじゃないし、コメディみたいな部分も含まれていて、

結構笑いポイントもありました



最後ハン・ソッキュは都から遠く離れた島みたいなところで生活してるんだけど、

その成れの果てを見て、あたしは吹き出しそうになったからね

ギャグかよって思ったもん。



ただ・・・

韓国の映像モノにありがちな、めった切りとか、拷問のシーンとか

結構リアルでむごくて、目を背ける場面も多々・・・



ハン・ソッキュって『二重スパイ』のときにも拷問受けてたし、

今回もものすごい拷問で、なんかかわいそうに思えてきた。。。



内容もだけど、映像としても美しいので、

機会があればぜひご覧くださいませ~
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himawariyukako.blog75.fc2.com/tb.php/478-f8496ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。