★ひまわりのBlogへようこそ★ 私の好きなもの・ことをつらつらと…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※韓国語が100%わかるわけではないので、間違っている部分もあるかと思います。その点を考慮してお読みください。

『힘내요 미스터김!』
2週目、視聴完了しました
今週は“長女”ヒレちゃんにまつわる話が中心になりました。

あれやこれやエピソードを書いていたら、どんどん長くなってしまったので、途中で一度たたんでいます。

それにしても子供たちが面白い。
ジヨンに聞こえるように「おじさんって爪がキレイな女の人が好きなんだよね~!」って言って、
それを聞いたジヨンはネイルサロンへ
せっかくきれいにしたのに、ジヨンの爪を見たテピョンは
「なんでそんなことしてるの?家事やりにくくないの?僕は爪が短い人が好きだよ」って言うのね。
そんなテピョンにがっかりするジヨン

ヒレの父の命日にお参りに行くテピョンとヒレ。
山奥にあるお寺に行く途中、ヒールを履いたちょっと派手な女性を追い越す二人が乗った車。
その若い女性もお寺に来ていて、帰り際に「あれ?テピョン?」と気づく。
その女性はテピョンの車に書いてあった「ミスターキム」の電話番号を写メります

一方テピョンはすっかりウギョン家になじんで、あの怖かったおばあちゃんも「ミスターキム」って呼んだり、
ウギョンのお兄ちゃんとも仲良くなる(ネクタイ貰ったり、アイコンタクトしたり)。

それにしてもゴヌクが帰国してから、ウギョンはなんだか浮足立ってる様子。昔好きだったみたいね
ある日ゴヌクがウギョン家に来た時、家族(特に兄ちゃん)は二人の関係を怪しんでいて、
ウギョンがゴヌクと一緒に部屋に行ったら、
スパイみたいにテピョンにウギョンの部屋へお茶を運ばせたりします

ある日、テピョンは電話で呼び出され、おしゃれしてカフェへ
その様子を偶然子供たちが見ていて、カフェの窓の外から覗き見している。

実はその女性、お寺でふたりのことを見ていた女
なんとそれはヒレの生みの母(つまりテピョンの義姉)だったの
たぶんヒレパパの命日で彼女もお参りにきていたのでしょう。

でも、産んですぐヒレの元を去ったみたいで、ヒレの名前すら知らない。
それなのに「私の子に会いたい」っていう義姉に
「自分の子の名前も知らないくせに。絶対会わせない」というテピョン。

でもテピョンは悩んでいて、そのことをギョンスルに相談する。
一度きちんとどういう気持ちで会いたいって言ってるか聞いてみたら?とアドバイスするギョンスル。
さすがメンター

で、気が気じゃないのは子供たち
「あの人とおじさんが結婚したら、私たちどうすればいいの!」と大騒ぎ
さらにソンアがジヨンにこのことを話しちゃって、次の日ジヨンはテピョンにペラペラしゃべっちゃうのよね。
それで「お前たちついてきてたのか!」って怒っちゃって、そこに義姉からまた電話が…。

気持ちが重いままウギョン家で仕事をするテピョン。
そこで大おばさんに自分の身の上を少し話すの。
おばさんはテピョンの手を取って「今まで頑張ってきたのね…」と声をかける。
もう完全にウギョン家の人々はテピョンに信頼を寄せているってことが分かります

そんな時におつかいを頼まれるテピョン。その先がゴヌクの家。
ゴヌクともだんだんいい人間関係を築きつつあるテピョンだけど、
ゴヌクパパからは「男がこんな仕事恥ずかしくないのか?」って言われたりして。
でも「毎日生きるのに必死です」って笑うのね。
ここで会長(ゴヌクの継母)と出くわすかと思いきや、彼女は部屋から出てこなかったわ。

そして義姉に会いに行くテピョン。
荒れた生活をしている義姉にあきれて、ますます気持ちが重くなる。
そしてヒレのために百貨店でたくさん買い物をする義姉。
そんな義姉を置いてテピョンは家へ帰る。

部屋へ入るなり慌てて義姉が買った服をクローゼットにしまうテピョン。
実は義姉、ヒレがどこの学校に通っているのかとかいろいろテピョンから聞き出していて、
なんと学校へ行ってしまうの

慌てたテピョンは義姉を止めるために学校へ。
それをウギョンに見られて、「詳しいことは後で説明します」とその場から去ります。

自分のことを死んだと言ってヒレを育てているテピョンに「所詮おじさんなのよ!」という義姉。
でもテピョンは「1度捨てた人間は2度捨てるんだ」と言って、義姉の願いを受け入れない。
すると義姉は「あんただってお母さんを知らずに生きてきたじゃない!ヒレにもそんな思いをさせるわけ?!ヒレにお母さんに会いたくないか聞いてちょうだい」って言うの。

テピョンが窮地に追い込まれる…。

一旦たたみます。
またまた悩んでしまうテピョン…。
ウギョン家で料理をしていたら、つい指を切ってしまって、家族みんなに介抱される。
その時点でみんながテピョンの異変に気づくのね

そしてテピョン家では子どもたちが家の掃除を
末っ子ソンアがテピョンの部屋を掃除していたところ、義姉が買ったコートやらを見つけちゃって、
「これ、お姉ちゃんのために買ったんじゃない?きいてみなよ!」とうながす。

その日テピョンはすぐ家に帰りたくなくて外で焼酎を開けてるの
するとそこへウギョンがやってきて、悩み相談。
「おじさんの気持ちはわかるけれど、お母さんはヒレの居場所を知った以上、これからも来てしまうと思いますよ」と言われ、ますます考え込む

帰り道、ヒレを預かった時のことを思い出して切なくなるテピョン…。
庭先で会ったギョンスルに「僕は今までヒレのことを一生懸命育ててきました。だから最後まで頑張って育てます」って宣言するの

家に帰ったテピョンを待っていたのはヒレ。
高い服を買ったのはテピョンのお見合い相手だと思い込んでるヒレは
「私はおじさんのために生きていきたい」って言うのね。
そこでテピョンも涙、ヒレも涙…

でもついにテピョンはヒレをお母さん(義姉)に会わせる決心をします
それも突然連絡してきたことを隠して、義姉が何度もテピョンに連絡してきたけど、
テピョンがそれをずっと無視してきた。テピョンのせいで会えなかったって言ってくれって頼むの。
そしてもっと母親らしくしてとも。

で、ヒレに義姉が買った服を着せ、レストランで待ち合わせをする。
でも結局義姉は「やっぱり会わないわ」って電話をしてきて、
ヒレにもお母さんが生きていることを告げることがないまま、家へ帰ります

あれだけ会いたがっていた割には、あっさりといなくなってしまいました…。

ヒレはお見合い相手と会わせてくれるとばかり思っていて(テピョンにもそう言われてたし)
それを他の二人も知っていたものだから、「あの女の人、来なかったよ」ってヒレが言います
おじさんがフラれちゃったと勘違いした子どもたちは、おじさんを元気づけようと、
チョンリョンの提案でいなりずしを作っておもてなしすることに決めるのです

ところでジヨンもテピョンのお見合い相手が来なかったことを知って、
姪っ子にその話をするの(同じ部屋を使ってるみたい)
姪っ子ちゃんは「私は恋愛経験ないけど、おばさんがテピョンおじさんのこと好きなことくらいわかるわよ。パパやママ、おじいちゃんには内緒にしておいてあげるから」っていうのね

そして、テピョンはギョンスルに辛かった胸のうちを明かして、「ヒレは僕が思っていたよりいい子に育ってくれています」っていうの

さてさて。
ここで久しぶりに登場のゴヌク
実はゴヌクは自分のパパ(というかもう継母のものだけど)の会社で働くことになって、ギョンスルの息子の部署に入ることに。

そう!ギョンスルの(テピョンのことを良く思ってなかったあの)息子は、ゴヌクパパの会社で働いているのですよ
世の中狭すぎですがな~~~

ギョンスルの息子は会長(継母)から「うちの息子をよろしく。あまり大げさにしないでね。でもうまくやったら昇進させてあげる」的なことを言われて、大はりきり

で、ある日元・会長がゴヌクの様子を見に来ます。
二人で食事に出かけたとき、ゴヌクは父から「会長(継母)には気をつけなさい」的なことを言われて、モヤモヤ状態に…。
パパも後妻がそういう人だってことに気づいているのね…。

そんなときゴヌクはウギョンを迎えに行くのだけど、ウギョンも自分のクラスの問題児ジュソンのことで上の先生からお小言を言われるの。
ジュソンは両親が離婚して、住んでいた家も差し押さえられちゃって、ろくに学校に来ない子
ウギョンが担任ということは、ヒレと同じクラスということになるね。

実はジュソンとヒレは一度職員室で顔を合わせたこともあるんだけど…。

それにしてもテピョンの子供たちはパパ思いというか、
チョンリョンは自分でミスターキムのチラシを作ってあちこちに貼ったり、街頭で配ったりしているの
それをたまたま見つけたヒレにバレて、二人でチラシ配りをはじめる。
その時にちょうどジュソンと鉢合わせして、ヒレは「あれ?あの子見たことあるけど…」と思うの。

そしてテピョンはいつものようにウギョン家での仕事を終えて帰ろうとしたところ、
危うくウギョン父と鉢合わせしそうに!!!

というところで今週は終わり。

はぁ~、長かった
これからもこんな感じになるのだろうか…

にしても、今週は「生みの親より育ての親」という言葉がぴったりなエピソードが綴られた一週間になりましたね。
予告によると、来週はテピョン-ウギョン-ゴヌクの三角関係が始まりそうな予感

今週の視聴率
11/12(月) 23.5%
11/13(火) 24.8%
11/14(水) 22.9%
11/15(木) 24.0%
11/16(金) 22.4%
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himawariyukako.blog75.fc2.com/tb.php/1224-9051d23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。