★ひまわりのBlogへようこそ★ 私の好きなもの・ことをつらつらと…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何年ぶりでしょうか…劇団四季の舞台を観てきました。
ぽっかり時間が空いたので。

四季といえば、演劇を学んでいた学生時代は“観ず嫌い”だったなぁ。

今回は『アイーダ』。
私が初めてこの“アイーダ”を扱ったもので観たのは、宝塚星組の『王家に捧ぐ歌』でした。
この作品がお披露目となったわたるさんがラダメスを、アムネリスを檀ちゃん。
そしてなんといっても男役だった安蘭さんがアイーダやったのがとても印象に残っていました。
もちろん最後のシーンは涙、涙だったことも。

2009年にも退団後安蘭さんがミュージカルで演られてたので、それも観ましたねぇ。

というわけで、どうやら私はこの作品自体が好きみたいです(笑)

四季版は今回がアンコール公演だそうです。
今日のキャストはアイーダが秋夢子さん、ラダメスが阿久津陽一郎さん、アムネリスを大和貴恵さんでした。
いくらストーリーがわかっているとはいっても、やっぱりはらはらしたり胸がきゅーっと痛くなったりしました。

何よりも秋さんの歌声が素晴らしい。
調べたところ、中国の方で元々は中国で活躍していらした方のようです。
王妃でありながら奴隷として捕えられながらも、芯の強い凛とした感じがとてもよかったです。

阿久津さんは確か『ライオンキング』で観たことがあったと思いますが、あの安定感はさすがでした。
あんな男らしい男性、どこかにいませんか?(笑)

普段韓国のものばかり観ているけど、やっぱり日本のエンタメも観ていかないといけないなぁ~と改めて思いました。
劇場に入った時にぱっと空気が変わる感じ、におい、暗くなった時の緊張感は私の心に栄養を与えてくれているよう。
これからは月イチくらいで何か観ようと思います(^o^)丿
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himawariyukako.blog75.fc2.com/tb.php/1216-5489e9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
何年ぶりでしょうか…劇団四季の舞台を観てきました。ぽっかり時間が空いたので。四季といえば、演劇を学んでいた学生時代は“観ず嫌い”だったなぁ。今回は『アイーダ』。私が初め...
2012/05/21(月) 00:55:48 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。