★ひまわりのBlogへようこそ★ 私の好きなもの・ことをつらつらと…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も韓国サイトをパトロール中になかなか素晴らしい記事を発見しました。

『BIGBANGローテーションの元祖、SHINHWAは“ファンの心をいたずら”にしない』
(記事出処:Ohmynews)

人間であればバカ正直より目の前の派手さに関心を持つものと決まっている。
私たちが盗塁よりヒットやホームランに沸き返るように。

しかし本物の感動はその派手なプレーより、安定した努力から出るものだ。
メジャーリーグ シンシネティのピティ・ローズが3562試合連続出場記録を打ち立てたときに野球ファンが感じた境外感のように。
そんな視点で見たら、韓国のアイドルグループは感動を変わらず与えることとバカ正直さがない。
そして人気を長く維持されることがない。

★当時としては画期的だった歌唱力、ビッグバンローテーションシステムの元祖

そんな意味でデビュー14周年を迎える“長寿アイドル”SHINHWAのカムバックはそれ自体で感動的だ。
あまたのアイドルが短期間で浮かんでは消える韓国音楽界で、‘長続きできるアイドル’を自ら提示しているからだ。
彼らと似た時期にデビューしたgod、S.E.S、Fin.K.Lが事実上解散状態である点を考えれば、彼らがどれだけ長い間生き続け、ファンから愛されているのかがわかる。

彼らがたゆまず人気を呼んだ秘訣は、メンバーそれぞれの優れた歌唱力とスター性にある。
当たり前で一般的な話だとすることもできるが、そうではない。

メンバー全員がソロアルバムを制作する歌唱力があるということは、当時としてはとても画期的なことだった。

当時のアイドルグループの大部分が、歌唱力を支えるリードボーカルに音楽のすべての部分を頼る傾向が強かったからだ。

歌がうまいメンバーがリードボーカル、ソウではないメンバーがラップとサブボーカルを引き受けることが一般化されたような時代だった。

これによりSHINHWAはこれまでのグループと違い、それぞれがソロアルバムとユニットで常に活動し、最終的にグループアルバムを発表するという方式のマーケティングが可能だった。

サッカーで言えば‘ローテーションシステム’が可能になったのだ。今のBIGBANGのように。

彼らのローテーション戦略は、アルバム活動後暫定的に活動中断につながる当時の音楽界の慣例を壊してしまった。ほかの歌手たちが空白期間を持つ隙間を利用して人気を独り占めし始めたのだ。

実際にメンバーそれぞれが2枚以上のソロアルバムを発表したキャリアがある。
特にシン・ヘソンとイ・ミヌはそれぞれ6枚のアルバムをリリースし、常に愛されてきた。

同時にアルバム活動以外の期間は、特有のバラエティ感覚と俳優返信で人気を引き続いた。

チョンジンは『無限に挑戦』第7のメンバーとして、アンディは『私たち結婚しました』で活動し、よい反応を得た。

俳優としての返信を試みたエリックは04年ドラマ『火の鳥』で成功し、それ以来『新入社員』『スパイ・ミョンウォル』など主役級となった。

★解散危機を乗り越えた発想の転換、そして“ファンの信頼”

革新的なマーケティングとメンバーたちの優れた力量が今のSHINHWAを作ったものだとしたら、SHINHWAメンバーとファンたちの厚い信頼こそが、彼らがロングランできる秘訣だ。

03年所属事務所との契約満了当時、SHINHWAの一部メンバーと再契約を申し入れた所属事務所、契約提議を受けなかったメンバーの間で葛藤が起こり、グループが解散される危機まで行った。

その瞬間、彼らは所属事務所との契約内容にとらわれるより、メンバー6人が全員で新しい事務所を作ることを選んだ。

そして彼らは11年、SHINHWA COMPANYという共同事務所を設立し、SHINHWAの活動を続けることにした。

Good Entertainmentとの契約満了後、ほかの事務所とそれぞれ再契約をしたメンバーたちがグループ解散を阻むために、それぞれが出資した別の事務所を設立したのだ。

彼らはこの決定でSHINHWAを守るというファンとの約束を守った。
そしてファンの無限の信頼という、お金には換えがたい資産を得た。

4年ぶりにカムバックするSHINHWAを見ると、自然に視線のいく場所がある。
あいまいに活動を中断したまま、事実上解散状態にあるアイドルグループたちだ。

彼らは所属事務所がお互いに分離して、再結成が事実上不可能になったり、再結成する兆しさえ見えないのに解散発表をしないままファンをその場にとどまらせている。

★ファンの気持ちを踏みにじってはいけないという大事な‘基本’モデル

昔ほどではないにしても、グループ時代の姿を愛してくれるファンが確かにいるものと決まっている。

グループを愛したファンにとって、メンバーそれぞれの活動のみを見守ること、そして待つことが過酷に感じることもできる。メンバー一人ずつではない、グループが好きだったファンにとっては、それがひとつの希望でもあるわけだ。

そんな点で見たとき、SHINHWAのカムバックが与える影響は大きい。

ファンとの約束を守るという真正性が発揮されるとき、歌手とファンの関係がどれだけ厚くなることができるかを見せてくれているからだ。

グルメ業界が食べることでいたずらをしないように、音楽界はファンの心にいたずらをしてはいけないという基本を悟らせてくれた。

+++++++++++++++++++

この記事を書いた記者、シナペン
そんな風に思っちゃうくらい、なんだかくすぐったい記事だけど

来年15周年を迎える時には、記念の本を作ってくれないかしらね。
彼らの歴史を書いた本。

欲しい人、いっぱいいると思うんだけど

もし今自分が大学生だったら、シナで卒論書けちゃいそうだよ~
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himawariyukako.blog75.fc2.com/tb.php/1206-38c14b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。